マンション査定に相場はどう決まるの?

内覧希望者をどれだけ確保できるか、売却能力のバロメーター

エリアによっても、売買の標準になる金額は違います | かっての中古物件市場は個人売買が主流 | 内覧希望者をどれだけ確保できるか、売却能力のバロメーター

業者は、そのような購入希望者がいることを承知していますからできるだけ安値で購入しようとするのは当然のことです。
業者ベースで相場が決まっていく現象になってしまうのです。
そのため中古物件で大切な内覧をすることで物件の状態を確認する作業さえ省かれることがあります。
売却希望者としては、きれいに利用してきた点を内覧をすることで購入者にアピールしたいと考えるのは当然です。
個人売買であれば、まず内覧で物件を見てから価格の交渉に入ることになります。
条件はお互いがその物件をどう評価するかです。
中立公正な価格決定ができるわけです。
個人で売り出しをかけるのは困難だと考える人がいますが、その物件の評価となる相場が本当に正しいものかどうかは確認する必要があります。
それらの作業をしないで売買が成立すること自体に問題があるのです。
少なくとも、物件を購入するにあたって、現在の状況を確認しないで値段が決まることだけは避けるべきです。
高い買い物をするのに、しかも中古物件を内部も確認せずに購入しようと考えることが奇妙です。
その値段で売買契約を成立させたい意図があると考えたほうがいいです。
希望価格はあくまで売り出し価格であって物件の相場にしてはいけないのです。
この点を考えて適正な査定をしてもらって売り出しをかけることが重要です。
できれば個人売買で中古物件が売れる状況が望ましいですが、エリアに寄っては値段がつかないことがあるのも事実です。
仲介業者が、売りにくい場所もありその場合にはいつまでたっても希望価格では売れないということもあります。
内覧希望者をどれだけ確保できるかも不動産業者の売却能力のバロメーターにするのも一つの方法です。
個人売買と同じレベルでの査定が出来れば一番いいです。

査定額300万円アップも!マンション査定・売却で知っておくべき5つの極意➡https://t.co/ZpnJbUJzej

— 不動産選びのポイント (@kutoku_dd3) 2018年12月3日