マンション査定に相場はどう決まるの?

エリアによっても、売買の標準になる金額は違います

エリアによっても、売買の標準になる金額は違います | かっての中古物件市場は個人売買が主流 | 内覧希望者をどれだけ確保できるか、売却能力のバロメーター

マンションを査定してもらい方は多いのではないでしょうか。
物件には売買の相場があると言いますが本当にあるのでしょうか。
確かに、地域・エリアによってマンションの相場はある程度決まっていると言います。
物件の竣工年月日は、マンションの場合同じです。
売却を依頼すると、業者の担当者は最近の販売実績がありますから、その価格が基準になりますと言います。
中古物件の売り出しを依頼をすると、ほぼ同じような値段が出されるのはこのためです。
ただし、売買の価格は売り主と買い主の合意によって値段が決まることを忘れてはなりません。
中古売買だからこそ、需給関係が価格に大きく影響するわけです。
売薬依頼があった場合、不動産屋は過去の成約事例を探し出して、その金額を提示・売り出し価格として提案します。
この場合には、やむを得ず早く売りたいからかなり低額で売買された事案も入っているのです。
エリアによっても、売買の標準になる金額は違います。
県境を挟んでも相場は変わってきて然るべきで、その補正額があってもいいのです。
一律に売買価格を決める慣習が定着していることに問題があります。
業者は、売りやすい値段を売り出し価格にしたほうが早く物件を売ることが出来ますから、売り主の利益を考えない傾向があります。
価格・金額が下がっていないエリアであれば購入したいという需要はあるはずです。
個人市場での売買が重要になってきているのです。